市場について

手術

転職市場は現在非常に盛んになっています。アベノミクス効果が大きく製造の化学業界まで求人数が伸びるという事態になっています。化学業界はこれまで求人数が安定してはいましたが、増加傾向が全く見られませんでした。それがここにきて非常に伸びを見せているのです。このような状況のなかで、看護師市場もさらなる伸びを見せています。つまり、看護師の求人数が例年になく伸びているのです。もちろん、これまでも2006年の1対7制度の導入から求人数は増加しましたが、現在ほどではありませんでした。それでは、なぜこのように増加しているのかというと、それは以下のとおりです。地域医療がますます求められているという状況があるからです。都市圏であれば、まだ看護師も対応しきれていますが、地方になるとそういうわけにはいきません。人手不足が深刻化しているのです。

既に高齢化社会である日本では、介護を求める高齢者の数と看護師の数がマッチしていない状況です。前述したように、この傾向は地方では特にそうです。地域医療が求められている状況のなかで、高齢者福祉施設で高齢者が安全に利用することができるための看護は必須条件といってもいいほどです。そうした中で看護師にこれまで以上の大きな期待がかけられているのです。 また、看護師はこれまではゼネラリストとしての能力が求められていました。しかしながら、現在はスペシャリストの看護師が求められています。看護教育も非常に高度化した現在、患者がより質の高いケアを受けられるようにスキルアップすることが求められているのです。看護師の求人に応募しようと思っている人は、こうした傾向を把握した上で転職することをお勧めします。